読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは知っておきたい 香典返しのマナー

突然の出来事に慌てないために、お香典返しのマナーを中心に仏事に関わる疑問をギフトアドバイザーのしてんや過去の経験からまとめてみました。

香典を包む不祝儀袋(香典袋)の選び方やそこに書く表書き、金額の目安など突然の出来事にも慌てないために知っておきたい香典の基本マナー

f:id:gifcon:20170426153821p:plain

不祝儀袋の水引は結び切り・表書きは相手の宗教により異なります。

弔事では水引の結びは「不幸が二度と起こらないように」とほどけない「結び切り」を使います。色は黒白か、双銀(銀一色)、神式では双白(白一色)もしくは、黒白が一般的とされています。

表書きは相手の宗教に合わせますが、一般的な表書きを以下にまとめました。

仏式

「御香典」「御香料」 

※御仏前は四十九日以降の法要に使う表書きですので間違わないよう注意しましょう。

神式

「御玉串料」「御榊料」などとします。

キリスト教

「御花料」で、不祝儀袋は水引の無いもので、白無地の包みか、封筒を使います。

※十字や百合の絵柄があるものでも良い。

宗教が分からず困った時は

相手の宗教が分からないときは、「御霊前」とします。この表書きは各宗教共通で使えるので覚えておくとよいでしょう。

また、蓮(はす)の絵柄が付いている包みは仏教以外には使いませんので、注意しましょう。

文字は薄墨で書く

f:id:gifcon:20170427002428j:plain

 

不祝儀袋に書く文字は必ず薄墨で書くようにしましょう。薄墨で書くということは昔から行われてきましたが、理由としては、

本来は硯(すずり)できちんと墨をすって濃い文字で書くべきところですが、あまりの悲しみで力が入らず墨をすれません。」や、

悲しみの涙が硯(すずり)に落ち、墨が薄まりました」など、

悲しみのあまり墨をすっていられません。という意味合いがあるとされています。

 現在では筆ペンで書くことが当たり前となっていますが、この場合でも薄墨タイプの筆ペンを用いるようにしましょう。

また、不祝儀袋の表書き(御香料や御霊前など)がすでに黒い文字で書かれて売っていることがありますが、この場合でも名前は薄墨で書くと良いでしょう。

近頃では筆ペンや、すでに黒文字で表書きされた不祝儀袋を使うことが当たり前になっていることもあり、薄墨でなくてもよいと考える向きもありますが、薄墨で書いた方がまず間違いがないと思って頂いたほうがいいでしょう。

仏事=薄墨と思われている方に「常識がないな・・」となどといらぬレッテルをはられることも避けられますし、筆ペンも今では100円ショップやスーパーの文具売り場などでも簡単に手に入りますので、薄墨タイプの筆ペンをご用意されることをおすすめします。

名前はフルネームで書く

不祝儀袋に名前を書く際は必ず氏名をきちんと書きましょう。位置は、水引の下中央に書きます。

連名で書く場合は、2名の場合は中央に書き、3名の場合は中央から左へ順にフルネームで書きましょう。名前を書く際は一番右側が目上となりますので書く順番も気をつけましょう。

4名以上の連名になる場合は、中央に代表者の名前を書き、「外一同」と書き添えましょう。名前を省略する場合は、半紙や白便箋に全員の氏名・住所を書き、包みの中に入れます。

f:id:gifcon:20170427003604j:plain

金額の目安

香典の金額に目安はありませんが、故人や喪家との関係、包む側の社会的な立場や、その地方の習慣などによって違ってきます。

一般的な額の目安としては、友人・勤務先関係は5000~1万円。親は5万~10万円で、祖父母やその他の親戚は1万円~3万円ほどとされています。

香典の額については、近親者や親しい間柄であれば多めに包むとされていますが、親族や友人同士で相談して決めるのがよいでしょう。

f:id:gifcon:20170427013405p:plain

金額を書く時は旧字体で書く

中袋に金額を書く場合は、旧字体で書きましょう。これは、書き換えを防ぐための配慮で、受け取る側に正確な金額を知らせるためです。

一 → 壱 

ニ → 弐 

三 → 参 

五 → 伍 

七 → 七 

八 → 八 

十 → 拾 

万 → 萬 

円 → 圓  ※円は旧字体でなくてもよいとされています。

 

香典はふくさに包む

香典は弔事のふくさか、地味な色の小さめの風呂敷に包んで持参します。

近頃はポケットふくさと呼ばれる略式のふくさもありますのでそれでも良いでしょう。

f:id:gifcon:20170427004123j:plain

お札は新札でもOK

以前は、不幸のために用意していたように思われるため、香典に新札は使わないとされていましたが、最近では新札でも良いという意見も多く、古いお札にこだわることはなくなってきました。

ただ、古くからの習慣でやはり新札では気になると言う場合は、一度お札を折って折り線を入れるというのも方法の一つです。お札は必ず向きを揃えていれるようにし、できればお札の表(顔のある側)を中袋の裏側になるように入れるのがよいでしょう。

金額や氏名をきちんと書くのは喪家への配慮

近所や組合などで帳場を預かり身内以外の他人が任されるということが多くあるのではないでしょうか。そういう事情からも他人が出入りする場に集まる香典だからこそ、明確な金額の記載や氏名の記載というのが必要だとも言われます。

最終的に香典返しをする立場にある喪家に対して名前や住所が不明確な香典では、どんな迷惑を掛けるかもしれませんし、誰に幾ら包んで頂いたかが明確であれば、後々の香典返しの際にも助かりますのできちんと書くようにしましょう。

書き方やしきたりなど、難しいようにも感じますが、相手に対する後々への配慮と思えばさほど難しい事ではないでしょう。

芳名帳への記載も丁寧に

通夜・葬儀に参列した際に、受付で記帳する際も丁寧に不備がないように行いたいものです。

住所の番地がないなど、芳名帳の整理はかなりの手間がかかることと思います。
特にその他の祝い事とは違い、遺族とあまり面識がない方からお香典を頂くことは十分にありますので、後からの確認がし辛い場合もあるでしょう。

香典返しは不要という気遣いがあってのことでも、遺族は何らかのお礼をしたいと思われるはずですので、その時に連絡先もわからないという事であれば、逆に気を使わせてしまうことにもなりかねません。

丁寧に誰にでも読める字を書くのはもちろんですが、受付が混み合っている場合でも後々の遺族のためにもなりますので、丁寧に記帳するようにしましょう。

喪中(もちゅう)と忌中(きちゅう)の違いとは?2つの期間でやってはいけないことや過ごし方はどう異なるのか

f:id:gifcon:20170421141329j:plain

「喪中」も「忌中」も基本的な過ごし方やマナーは同じ

近親者が亡くなったとき、一定期間、身を慎むことを「忌服(きぶく)」と言います。かつては死のけがれの重い期間を「忌」、けがれが薄くなった期間を「喪」としていました。

一般には「忌中」は、49日の法要まで「喪中」は一周忌まで

この期間を総称して「喪中」と言われている方も多いのではないでしょうか。

喪中と忌中は身を愼む「期間」の違いですが、どちらも過ごし方や避けるべきことは同じです。

f:id:gifcon:20170421140515j:plain

忌中・喪中は慶事への出席を控える

基本的には、近親者が亡くなって一年以内は、慶事(結婚式やその他祝い事)への出席は控えた方が良いとされており、当然、主催するのも控えます。

しかし、最近では喪中であっても49日を過ぎていれば出席しても良いという考えも多く、周りと相談したり、状況を見て判断される方が多いようです。

また、遺族にとって大切な催しだったり、故人が生前楽しみにしていた行事などは、「故人もきっと喜んでくれる」と柔軟に対応するケースも増えています。

お正月の過ごし方や中元などの贈答

忌中・喪中に迎えるお正月は、門松・しめ縄、鏡餅などの正月飾りはしないで、年末年始の挨拶回りも控えます。

中元や歳暮については、感謝の品、つまり祝い事とはまた違いますので贈っても良いとされています。

しかし、喪中の方に送る場合や、遺族から送る場合でも控えた方がいいかなと考える方も多く、その場合は、49日の忌明け後に送るようにします。忌明け後だと中元や歳暮の時期が過ぎてしまうという場合は、無理に時期を合わせようとせず「残暑御見舞」や「寒中御見舞」などとして送るようにしましょう。

こちらもあわせてお読みください。

喪中の過ごし方。喪に服すとは?お中元やお歳暮も控えるべき?喪に服すのは何親等まで?喪中に訪れる年中行事や結婚式への参加について - これだけは知っておきたい 香典返しのマナー

 初詣は寺であれば行っても良い

f:id:gifcon:20170411184747j:plain

正月のお祝いは避けるべきと記載しましたが、死を穢れ(けがれ)と捉える神社と違い、寺はそういった考えがなく、神社と寺では死に対する解釈が異なることから、寺であれば喪中でも問題なく初詣はしても良いとされています。

神社への初詣でも「鳥居をくぐらなければ良い」と言われるのを耳にしますが、これはあまり賛成できる考えではありませんし、根本的な解釈から言えば、意味のない手段ともいえるので、やはり神社の境界に入ることは避けたほうが良いのではないでしょうか。

香典返しにふさわしいものや香典返しでのタブーとは?昔、香典は「米」だった!?商品選びに困ったらまずは香典についての歴史を知ろう!

f:id:gifcon:20170413165317j:plain

 

古くは香典は「米」だった!?

現代では「香典=お金」という認識ですが、古くは金銭よりは葬儀に必要な食品、その中でもお米をお供えすることが通常でした。

昔は葬儀においては、地域の人々が装具を用意し、土葬や火葬を担っていたため多くの人手を要していました。

その為、食品の調達はとても重要であり、お供えされたお米や金銭が葬儀を支え、たとえ喪家に蓄えがなくても葬儀を出すことが可能だったということのようです。

供えられた香典は相手の不幸の際にも同様に返すことが当たり前でありましたが、香典を貰ったままになり、借りを作ってしまうこともあったようです。こういったことなどから、時代を経て簡略化されてきたこともあり、将来への借りを残さないようにと形を変えていったのが現代の香典返しと言われています。

 

香典返しにふさわしいものや定番商品とは

香典返しには「不祝儀をいつまでも残さないように」という考えから、すぐに使って無くなる消耗品が良いとされています。

コーヒーや紅茶を含む「お茶」や「海苔」「砂糖」「お菓子」「洗剤」など定番とされているものは様々ですが、すぐに消費しなくても日持ちするものが多いようです。

食品や洗剤などの日用品であれば、日常で消耗することが可能なうえ、たとえすぐに使ってしまわなくても日持ちがするものであれば、困ることもないので贈りやすいといえるでしょう。

また、食品などの消耗品の他にも、毛布やシーツ等の「寝具」も多く見られます。理由は様々ですが、一説では「仏式では、仏の世界へ旅立つための「さらし」が利用されていた名残りから寝具を香典返しにすると捉える説もあります。

上記でも述べたように、古くの香典の名残りから、お米やお米券などを送られる場合もあります。これは、実用的で消費するということから言えば、受け取った側にもとても有り難いお返しかもしれません。

f:id:gifcon:20170421113649j:plain

----------------------------------------

現代のように葬儀を斎場などで行うことはなく、すべて家で執り行っていた場合には、それだけ人手も必要で、車など便利な交通手段もなかったとすれば、寝具などの生活用品もそれだけ必要だったのではないでしょうか。

筆者の田舎でも少なくなったとはいえ、香典返しに寝具とされる方も多くいらっしゃいます。その他にも客人用の湯呑みセットなど、香典返しで頂いた品物が数多くあります。家で通夜や葬儀を行う際には多くの人が来られますので、必要な物だったのかもしれません。タブーとは言えど、お互いに助け合う精神から香典・香典返しを、と考える向きもあるようです。

香典返しのタブーとは

地域性や宗教上の理由により「四足生臭物」といわれる肉や魚の生物や、酒などの嗜好品は慶事を連想するなどの理由から香典返しでは避けたほうが良いとされています。

また、日持ちのしない食品は香典返しとしてはふさわしくないと言えるでしょう。

f:id:gifcon:20170421113555p:plain

----------------------------------------

慶事の贈りものの際には、古くはアワビの肉を薄く切り、火のしを使って平らにのばし乾燥させたものを色紙に包み、慶事の贈答品に添えていました。これが時代とともに簡略化され、現在の一般に「のし紙」と呼ばれるあわじ熨斗を模した熨斗が印刷されたものとなりました。仏事における精進料理では魚などの生臭物が禁じられているため、精進でないことを示すために、慶事では熨斗を添えるようになったとも言われています。

時代に合わせて変化する香典返し

これまで香典返しの品物について記載してきましたが、現代では世帯ごとに必要とされるものが大きく異なったり、同じ贈るなら"相手の好きなものを"、"もらっても困らないものを"と考える人も多いのではないでしょうか。

そういったこともあってか、香典返しとしてタブーを気にせずに相手に好きなものを選んで頂くというカタログギフトの需要が伸びてきているようです。

また、「タオル」も香典返しとしてよく贈られている傾向にあるようです。

タオルは洗剤などと同じ日用品と捉えられることも多く、最近では今治タオルや泉州タオルなど、ギフトタオルの質の良さが注目され、香典返しとしても利用者が増加しています。

f:id:gifcon:20170421123228j:plain

香典返しには挨拶状を添えましょう

本来、香典返しは喪主が直接出向きお礼を述べるというものでしたが、昨今ではネットショップや百貨店などで宅配するというのが一般的な形となっています。

そこで、品物だけを贈るということはせず、葬儀の際のお礼と忌明けの報告も兼ねた挨拶状を添えることが香典返しとして定着しています。

挨拶状を見て「ご遺族は少し落ち着かれたかな」と受け取った相手も安堵されるでしょうから、挨拶状を添えることをおすすめします。

香典返しの金額の相場について。少なすぎず返しすぎない金額の目安と一家の働き手が亡くなった場合の香典返し金額について

f:id:gifcon:20170412221850p:plain

 

香典返しの相場は半額から3分の1 

香典返しの金額の目安は、頂いた香典額の半額程度とされていますが、香典の額には開きがあるので、何段階かに分けて一律のものをお返しする方法もあります。

例えば、5千円までの香典には2千円の品、1万円までは5千円の品というようにおおよそ振り分けたほうが手間も少ないため、頂いた金額に関係なく段階を分けて品物を選ぶ事が多くなってます。

 

香典返しの基本は「上に薄く、下に厚く」

f:id:gifcon:20170412223053j:plain

 

高額の香典を頂いた場合でもご厚意に甘えさせて頂き、上限を一律にするという場合もあります。

お相手が遺族の援助のためにと多く包んで下さる場合もありますので、そこはご厚意を受け取るつもりでお香典返しを選ばれると良いでしょう。なぜ多く包んで下さったのか、その理由が分かっていながらきっちり半返しをしてしまってはお相手のご厚意を無駄にすることにもなりかねませんので3分の1程度でも良いでしょう。

お相手が親族の場合は半額ほどのお返しでもよいでしょうが、こちらも状況などを考慮して金額を決められると良いでしょう。

また、季節ごとの挨拶や子供の成長の報告、お中元やお歳暮など、お相手の気遣いに対しての感謝は香典返し以外でも伝えることができますし、香典は総合扶助的な役割もありますので、今後お相手がお困りの際にはこちらが親身になり助けになってあげれば良いのではないでしょうか。

 

一家の働き手が亡くなった場合のお香典返し

香典返しの基本は半額とありますが、一家の働き手をなくした場合の香典返しは3分の1程度でも良いとされていますし、一律に同じ物を送るという事もあります。

また、子供がまだ小さく経済的な問題がある場合などは香典返しを省略する場合もあります。この際は、香典返しをしなくても挨拶状はきちんと送るようにしましょう。

上記にもあるように、総合扶助的な役割も担う香典に関してこのようなケースの場合は必ずしも頂いた香典額の半分をお返ししなくてはならないという事はないのです。

f:id:gifcon:20170412221725p:plain

香典返しはいつ頃送ればいいの?香典返しをする時期とそれまでにやっておくべき準備

f:id:gifcon:20170317192326j:plain

 

本来は忌が明けてから贈るもの

仏式では通常、三十五日か四十九日の忌明けを過ぎた頃に相手に届くように手配します。本来は香典返しというしきたりがない仏式以外の宗派の場合でも、日本の習慣が影響して、五十日祭や三十日目の追悼式・一ヶ月目の召天記念日などを忌明けとして香典返しをするというのがごく一般的になっています。

宅配で香典返しを贈る場合は挨拶状も添えて贈るようにしましょう。

 

四十九日までに贈る相手と品物を決めておく

四十九日後に香典返しが届くように手配しますが、それまでに品物選びを始め、香典帳の整理などをしておく必要があります。

葬儀社や香典返しを購入するお店でも香典帳の整理をしてくれる所もあるようですが、遺族で行うというのがほとんどではいでしょうか。香典を宅配する場合、確かな住所が必要となりますので芳名帳などから香典返しを贈る相手のリストの作成をする際には手間もかかりますので、ギリギリで慌ててしまうといった方も多いようです。

品物選びについては、頂いた香典額に応じて半返し~3分の1程度の品物を選びましょう。また、職場など団体から一同で頂いた香典に対しては、職場復帰の際などに差し入れなどとして、皆さんで分けれる菓子折りなどにするのが良いでしょう。

 

f:id:gifcon:20170411090930j:plain

 

※頂いた香典の差出人が法人(会社や組合など)の場合は、福利厚生のひとつとして経費として管理されている場合が多いので、一般的には香典返しは不要とされています。

香典を寄付する場合

f:id:gifcon:20170411091528j:plain

故人の意思や遺族の希望で香典を寄付する場合もあります。香典返しをせずに寄付をする場合は、忌明けの挨拶状に寄付をしたこと、寄付をした先などを記載して贈りましょう。寄付先からの礼状などがあればそのコピーを同封しても良いでしょう。

また、全額寄付をせずに一部を寄付して残りを香典返しにしたり、香典返しの一部を葬儀当日に返礼品として済ませる場合もあります。

 

 

法要に招かれたらどうすればいいの?

法要に招かれたらできるだけ出席しましょう

f:id:gifcon:20170410161014j:plain

法要に招かれた場合は出征旗するのが原則です。病気などのやむを得ない事情を除き、できるだけ出席するようにしましょう。

また、法要はあくまで招待されたら出席するものですので、こちらから日取りを確認したり場所の問い合わせなどはしないように注意しましょう。

出欠の返事は早めに

法要の案内状が届いたらできるだけ早く出欠の返事をします。

施主(遺族)側の準備(食事や引き物など)がありますので、早めの返事を心がけましょう。

f:id:gifcon:20170411094147j:plain

出席する場合

案内状には返信用のハガキが同封されていることが一般的ですので、遅くとも一週間前までには出しましょう。

食事の手配などもありますので、誰が行くのか、また出席者の人数も書いておくと良いでしょう。

欠席する場合

どうしても出席できない場合も、すぐに返事を出します。

返信用のハガキには出席できないお詫びを一言添えるようにしましょう。

また、法要に合わせてお花やお菓子、果物など供物を贈るのも良いでしょう。

後日、改めてお参りする場合も供物料や供物を持参するのが良いでしょう。

供物料・供物を持参する

法要に出席する時は、「御仏前」として現金を包むか、お菓子や果物などの供物を持参します。※四十九日より前は「御霊前」

当日は法要の始まる20~30分前には到着し、施主に挨拶をする際に「御仏前にお供え下さい」といって供物料や供物を渡します。

この時、自分からいきなり仏壇や祭壇にお供えしないよう、必ず施主に差し出すようにしましょう。

地域によっては、法要後にお供え物を分けて持ち帰ってもらう習慣もありますので、小分けになっている菓子やリンゴ、みかん、柿などの季節ごとの果物を供えることも多いようです。

遅刻や途中退席は厳禁

f:id:gifcon:20170411094404j:plain

法要に招かれたら、時間厳守で、途中で帰らないようにしましょう。

予め施主がきちんと準備をして営まれるものですので、遅刻したり途中で帰ってしまうことは招いた側に大変失礼になります。

やむを得ない事情で時間に間に合わなかったり、途中退席が必要となった場合は、きちんと施主に事情を説明しておきましょう。

法要に招かれたときの服装

一番ふさわしい服装は、男性であれば黒のスーツ、女性は黒のワンピースが一般的です。「平服でお越しください」など言われた場合でもこの服装であれば失礼にはあたりません。また、喪服でも構いませんが施主側の服装が平服に近いものであった場合はバランスがちぐはぐになってしまいますので、黒や暗めのグレーなど派手にならない控えめな装いが良いでしょう。

gifcon.hatenadiary.com

 

香典返しは貰いっぱなしでいいの!? 香典返しを受け取ったらお礼はする?しない?

香典返しを受け取ったらお礼を述べてはいけない

f:id:gifcon:20170410132933j:plain

葬儀後、忌明けに合わせて香典返しが送られてくる場合がありますが、香典返しを受け取ったときには、礼状も含め、お礼を述べることは失礼に当たります。

お礼にお礼は必要なく、不祝儀の場合は「繰り返される、後を引く、長引く」など不幸を重ねると捉えることなどから、香典返しへのお礼はしなくてもよいとされています。 

貰いっぱなしでは気が引けると言う場合はお礼ではなく報告を

昔は香典返しは喪主が直参していたこともあり、その場で言葉を掛ける事ができましたが、近頃は香典返しも宅配が一般的となり、貰いっぱなしという状況が気になるという方も中にはおられるかと思います。

遺族にきちんと届いた事を伝えたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合は、喪中見舞いを兼ねた手紙やはがきを出すか、親しい間柄なら香典返しが届いた旨を連絡するのもよいでしょう。

その際には「結構な物を頂いて」や「ありがとうございました」などの表現は避け、遺族への気遣いと『香典返しが届いた事だけ』を伝えるようにしましょう。

f:id:gifcon:20170410134504j:plain

遺族の状況にも配慮を忘れずに

四十九日が過ぎた頃は疲れも出てくる頃です。相手への気遣いのつもりでした電話で長話しなどしないように、相手を気遣いつつ香典返しを受け取ったことの、あくまで報告に留めましょう。

また、他にも同じように電話をされる方もいらっしゃる場合など、電話の対応でかえって遺族の方を疲れさせてしまうということのないように、十分に配慮を心がけましょう。

何もしないのが気遣いという場合も

上記でもハガキや電話での香典返しの受取報告について書きましたが、「どうしても届いたことを知らせたい」という場合についてですので、必ず報告をしなければならない訳ではありません。

基本的には「香典返しにお礼は不要」ですので、何もしなかったからといって失礼にはあたりません。

遺族も葬儀からのバタバタで疲れが出ている頃だろうからと、あえて何もしないことも気遣いなのです。

 

形見分けの申し出を受けたら

f:id:gifcon:20170411093538j:plain

忌明け後に故人が愛用していた遺品を形見としてごく親しい近親者や友人などに贈ることを「形見分け」といいます。この形見分けは故人がお世話になったことへのお礼も意味もあり、故人との思い出を偲ぶことが供養にもつながるというのが形見分けの目的ですので、申し出があったら素直に受け取りましょう。

しかしあまりにも高価なものや、かえって故人を思い出して辛いと思う時は、相手の心遣いに配慮した上で辞退します。

また、貴金属や美術品、高級腕時計などの高価なものは贈与税の対象になってしまうこともあります。

尚、形見分けは遺族からの申し出が合った場合のみで、こちらからお願いすることはマナー違反ですので気をつけましょう。