読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは知っておきたい 香典返しのマナー

突然の出来事に慌てないために、お香典返しのマナーを中心に仏事に関わる疑問をギフトアドバイザーのしてんや過去の経験からまとめてみました。

香典を包む不祝儀袋(香典袋)の選び方やそこに書く表書き、金額の目安など突然の出来事にも慌てないために知っておきたい香典の基本マナー

不祝儀袋の水引は結び切り・表書きは相手の宗教により異なります。 弔事では水引の結びは「不幸が二度と起こらないように」とほどけない「結び切り」を使います。色は黒白か、双銀(銀一色)、神式では双白(白一色)もしくは、黒白が一般的とされています。…

喪中(もちゅう)と忌中(きちゅう)の違いとは?2つの期間でやってはいけないことや過ごし方はどう異なるのか

「喪中」も「忌中」も基本的な過ごし方やマナーは同じ 近親者が亡くなったとき、一定期間、身を慎むことを「忌服(きぶく)」と言います。かつては死のけがれの重い期間を「忌」、けがれが薄くなった期間を「喪」としていました。 一般には「忌中」は、49日…

香典返しにふさわしいものや香典返しでのタブーとは?昔、香典は「米」だった!?商品選びに困ったらまずは香典についての歴史を知ろう!

古くは香典は「米」だった!? 現代では「香典=お金」という認識ですが、古くは金銭よりは葬儀に必要な食品、その中でもお米をお供えすることが通常でした。 昔は葬儀においては、地域の人々が装具を用意し、土葬や火葬を担っていたため多くの人手を要して…

香典返しの金額の相場について。少なすぎず返しすぎない金額の目安と一家の働き手が亡くなった場合の香典返し金額について

香典返しの相場は半額から3分の1 香典返しの金額の目安は、頂いた香典額の半額程度とされていますが、香典の額には開きがあるので、何段階かに分けて一律のものをお返しする方法もあります。 例えば、5千円までの香典には2千円の品、1万円までは5千円の品と…

香典返しはいつ頃送ればいいの?香典返しをする時期とそれまでにやっておくべき準備

本来は忌が明けてから贈るもの 仏式では通常、三十五日か四十九日の忌明けを過ぎた頃に相手に届くように手配します。本来は香典返しというしきたりがない仏式以外の宗派の場合でも、日本の習慣が影響して、五十日祭や三十日目の追悼式・一ヶ月目の召天記念日…

法要に招かれたらどうすればいいの?

法要に招かれたらできるだけ出席しましょう 法要に招かれた場合は出征旗するのが原則です。病気などのやむを得ない事情を除き、できるだけ出席するようにしましょう。 また、法要はあくまで招待されたら出席するものですので、こちらから日取りを確認したり…

香典返しは貰いっぱなしでいいの!? 香典返しを受け取ったらお礼はする?しない?

香典返しを受け取ったらお礼を述べてはいけない 葬儀後、忌明けに合わせて香典返しが送られてくる場合がありますが、香典返しを受け取ったときには、礼状も含め、お礼を述べることは失礼に当たります。 お礼にお礼は必要なく、不祝儀の場合は「繰り返される…

法要当日は何を着ればいいの?赤っ恥にならないために、平服でOKと言われた場合の服装の最低ラインは?

喪主側、参列者側に厳密な決まりはありませんが、一般的な服装をご紹介します。 施主(遺族)側の服装 男女ともに三回忌までは喪服が良いでしょう。それ以降は年月とともに色目を薄くしていき黒からグレー、紺などにしていきますが派手なデザインや色味は避…

法要が重なったら場合。日を分けてしなければいけない!?法要を併修する際の案内状の書き方など

法要はまとめて行ってもよい 一年のうちに2つ以上の年忌法要が重なった場合は、回忌の近い他の故人と法要を一緒に行うこともあります。これを「併修(へいしゅう)」または「合斎(がっさい)」といいます。 併修を行う場合は、日取りは早いほうの命日と合わ…

単なる手紙とは違う!香典返しに添える挨拶状には様々な決まりがあります。宗派ごとの文面の違いや忌明け挨拶状についての基本を抑えておきましょう。

お香典返しには挨拶状を添えて ご挨拶状とはお香典を頂いた方々に葬儀の際のお礼や忌明け法要を滞りなく営んだ(又は、営む)旨などをお伝えする大変重要なものです。 忙しい中、故人のためにお供えをくださった方へ謝意を伝え、また故人の法要が滞りなく行…

香典返し 熨斗の書き方。表書きは?のし?掛け紙?水引の色にはきまりがあるの?一般的に言われるのし紙についてとは

水引について 弔事ギフトに使用する水引は「黒白」「黄白」などがあり、”これが正解!”というこは無いものの、水引の色に関しては地域によって異なります。 「黒白結びきり」がごく一般的ですが、関西~西日本では「黄白結びきり」を用いることが多いなど、…

喪中の過ごし方。喪に服すとは?お中元やお歳暮も控えるべき?喪に服すのは何親等まで?喪中に訪れる年中行事や結婚式への参加について

喪中とは? 近親者がなくなった場合、一定の期間、死を悼み見を慎むことを、「服喪(ふくも)」や「忌服(きぶく)」といいますが、忌服の「忌」は忌中、「服」は喪中をそれぞれ表します。 忌中は故人のために祈りを捧げる期間で、一般的には四十九日法要ま…

喪中はがきは出したほうがよい?誰にいつまでに出すのが正解?

喪中はがきとは 一年以内に身内に不幸があった場合、喪に服するために新年の挨拶を書くことを 事前に知らせる挨拶状(=年賀欠礼ハガキ)のことを喪中はがきといいます。 喪中はがきを出す範囲や時期は? 一般的には二親等までが喪中はがきを出す対象になり…

年忌法要。四十九日後に営まれる法要を順にご説明致します。

49日後の法要について 葬儀を終え、忌明けの法要を済ませてもそれで終わりではありません。 この記事では、年忌法要の数え方や、行われる法要について順に見ていきましょう。 百ヶ日(ひゃっかにち) 故人の命日から100日目。49日のすぐ後にあるのが百ヶ日法…

香典返しに商品券は贈るのはタブー!?商品券があまり利用されない理由と商品券を贈る際に気をつけたいこと

便利なようで難しい商品券 香典返しに商品券を贈ること自体は明らかなマナー違反というわけではありません。 しかし、心遣いに対してのお返しが現金と変わらない商品券では、あまりに直接的すぎるという意見も少なくありません。 実際に、「直接お渡ししても…

生前にお見舞いをもらってる方へのお香典返しも他の参列者と同じでいいの?香典返しとは別に何か用意しなくてはいけないの?

亡くなったのだからお返しは不要と考える方もいらっしゃいますが、お世話になり気遣って頂いた方へはきちんと感謝の気持ちを伝えたいものです。 お香典返しに金額を上乗せしてお返しする場合 頂いたお香典の金額よりもお返しの額を上げてお返しをされる方が…

職場など団体への香典返しをする場合。一人ひとりにお返しは必要?金額の相場は?

会社への香典返しは必要? まず頂いたお香典の差出人が「法人」なのか「個人」かで対応は変わってきます。 1..会社名義のお香典 2.社長や部長など上司から個人名義でのお香典 3.部署一同や、有志などから頂いたお香典 まず、1のような法人のお香典の場合は福…

香典返しを辞退された方への対応。本当に何もしなくていいの?贈ってはいけない場合もあるって本当!?

基本的には辞退されてもお返しするのがマナー 遺族を気遣って「お香典返しを辞退します」といった方や、職場など一同で香典をするにあたり一人ひとりの金額が少額になるため"お返しには及びません"と辞退される場合もありますが、基本的にはお返しは必要とい…

香典返しのマナー/香典返しの品物選び・相場など、スムーズに行うための基礎知識

そもそも香典返しとは? 「香典返し」とよく耳にされることもあるかと思いますが、故人の霊前に供える金品を香典といいます。 香典は葬儀(通夜・告別式)の際に渡すもので、その時のお香典へのお礼を香典返しといいます。 現代では「香典=お金」という認識…