読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは知っておきたい 香典返しのマナー

突然の出来事に慌てないために、お香典返しのマナーを中心に仏事に関わる疑問をギフトアドバイザーのしてんや過去の経験からまとめてみました。

法要に招かれたらどうすればいいの?

法要に招かれたらできるだけ出席しましょう 法要に招かれた場合は出征旗するのが原則です。病気などのやむを得ない事情を除き、できるだけ出席するようにしましょう。 また、法要はあくまで招待されたら出席するものですので、こちらから日取りを確認したり…

法要当日は何を着ればいいの?赤っ恥にならないために、平服でOKと言われた場合の服装の最低ラインは?

喪主側、参列者側に厳密な決まりはありませんが、一般的な服装をご紹介します。 施主(遺族)側の服装 男女ともに三回忌までは喪服が良いでしょう。それ以降は年月とともに色目を薄くしていき黒からグレー、紺などにしていきますが派手なデザインや色味は避…

法要が重なったら場合。日を分けてしなければいけない!?法要を併修する際の案内状の書き方など

法要はまとめて行ってもよい 一年のうちに2つ以上の年忌法要が重なった場合は、回忌の近い他の故人と法要を一緒に行うこともあります。これを「併修(へいしゅう)」または「合斎(がっさい)」といいます。 併修を行う場合は、日取りは早いほうの命日と合わ…

年忌法要。四十九日後に営まれる法要を順にご説明致します。

49日後の法要について 葬儀を終え、忌明けの法要を済ませてもそれで終わりではありません。 この記事では、年忌法要の数え方や、行われる法要について順に見ていきましょう。 百ヶ日(ひゃっかにち) 故人の命日から100日目。49日のすぐ後にあるのが百ヶ日法…