読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは知っておきたい 香典返しのマナー

突然の出来事に慌てないために、お香典返しのマナーを中心に仏事に関わる疑問をギフトアドバイザーのしてんや過去の経験からまとめてみました。

香典返しのマナー/香典返しの品物選び・相場など、スムーズに行うための基礎知識

 

そもそも香典返しとは?

f:id:gifcon:20170408145744j:plain

「香典返し」とよく耳にされることもあるかと思いますが、故人の霊前に供える金品を香典といいます。

香典は葬儀(通夜・告別式)の際に渡すもので、その時のお香典へのお礼を香典返しといいます。

現代では「香典=お金」という認識ですが、古くは金銭よりは葬儀に必要な食品、その中でもお米をお供えすることが通常でした。 

昔は葬儀においては、地域の人々が装具を用意し、土葬や火葬を担っていたため多くの人手を要していました。 

その為、食品の調達はとても重要であり、お供えされたお米や金銭が葬儀を支え、たとえ喪家に蓄えがなくても葬儀を出すことが可能でした。

 

また、供えられた香典(米やお金)は相手の不幸の際にも同様に返すことが当たり前でしたが、相手への香典で同様にお供えをするというものでしたので、その時に相応の香典を返す事が困難であったり、香典をもらったままになり借りを作ってしまうということもあったようです。

こういったことや、時代を経て簡略化されてきたこともあり、将来への借りを残さないよう形を変えていったのが現代の香典返しといわれています。 

 

f:id:gifcon:20170317192104j:plain

 

香典返しをする時期は?

忌が明けてから、つまり49日が過ぎてから贈りますが、繰り上げて三十五日とすることもあります。

本来は香典返しというしきたりがない仏式以外の宗派の場合でも、日本の習慣が影響して、五十日祭や三十日目の追悼式・一ヶ月目の召天記念日などを忌明けとして香典返しをするというのがごく一般的になっています。 

しかし最近では、葬儀当日に会葬御礼の品と一緒に香典返しの品を渡して持ち帰ってもらうという所もあるようです。

当日に香典返しを渡すという方法は、後日香典帳の整理やお返し品の手配など、遺族の負担を軽減するという利便性をもつ反面、"葬儀社・ギフト業界の戦略"などと言われたり、"香典返しを事前に準備するなんて用意周到すぎて不快"など、賛否はあるようですが、現代の香典返し事情も大きく変わりつつあるようです。 

 

f:id:gifcon:20170317192136j:plain

 

金額の相場は?

頂いた香典金額の三分の一から半額までというのが一般的な相場ですが、一家の働き手が亡くなった場合は香典の三分の一程度で良いとされています。

また、例えば5千円までの香典には2千円の品、1万円までは5千円の品というようにおおよそ振り分けたほうが手間も少ないため、頂いた金額に関係なく段階を分けて品物を選ぶ事が多くなってます。

「上に薄く、下に厚く」が香典返しの基本とも言われますので、高額の香典を頂いた場合でもご厚意に甘えさせて頂き、上限を一律にするという場合もあります。 

f:id:gifcon:20170317192258j:plain

 

香典返しにふさわしいもの・避けたほうがよいもの

香典返しには「不祝儀*1をいつまでも残さないように」という考えから、すぐに使って無くなる消耗品が良いとされています。

コーヒーや紅茶を含む「お茶」や、「海苔」「砂糖」「干椎茸」「洗剤」など定番とされているものは様々ですが、すぐに消費しなくても日持ちするものが良いでしょう。

また、地域性や宗教上の理由により「四足生臭物」と言われる肉や魚、酒などの嗜好品のたぐいは慶事を連想するなどの理由から香典返しでは避けたほうがいいとされています。

しかし、そうはいっても同じ贈るなら"相手の好きなものを"、"もらっても困らないものを"と考える人も多いのではないでしょうか。

そういうこともあってか、香典返しとして上記のタブーを気にせず相手に好きなものを選んで頂くというカタログギフトの需要が伸びてきているようです。

上記以外の香典返しでは、「タオル」も洗剤などと同じ日用品・消耗品と捉えられ、香典返しでもよく利用される品物といえるでしょう。

また「日本茶」は茶飲み友達を連想し、「お茶を飲んで故人を偲ぶ」といった考えから親しい間柄を表すとも言われており、価格帯も豊富なことから香典返しでも品のあるお返しとしてよく利用される品物の一つです。 

f:id:gifcon:20170317192326j:plain

 

香典返しを贈るとき挨拶状は必要?

本来、香典返しは喪主が直接出向きお礼を述べるというものでしたが、昨今ではネットショップや百貨店などで宅配するというのが一般的な形となっています。

もちろん、直接お礼をするに越したことはありませんが、生活スタイルも様々な現代では一軒一軒お礼にまわるのは困難といえるでしょう。

そこで葬儀の際のお礼と忌明けの報告も兼ねた挨拶状を添えることが、香典返しの形として定着しています。挨拶状を見て相手も「ご遺族は少し落ち着かれたかな」と安堵されることでしょう。

挨拶状についてはお店で無料で作成してくれるところもありますが、宗派によって文面が異なったり、形式も様々ですのでお店と相談されるのが良いでしょう。

また、いくら形式的なものとはいえ遺族の感謝の気持ちを表すものですので、文面の作成がワンパターンだったり、詳しいスタッフがいないところなどは避け、きちんと知識のあるお店にお願いするのが良いでしょう。

 

~おまけ 1 ~ 芳名帳の整理・記帳について

葬儀の際に参列者の方に記入頂いた芳名録を元に、香典返しを手配すると思いますが

それぞれが手書きで中には読みづらい、住所の番地がないなど香典帳の整理はかなりの手間がかかることと思います。

お店で芳名帳の整理をしてくれる所や、遺族の方で作成したリストなどで不明点などがあった際にはお店で確認をしてくれる所もありますが、誰が確認するにせよ電話番号の記載がないと確認が困難な場合もあります。

宅配で香典返しをする以上、住所などの情報が確かでないとお返しが出来ないということにもなりかねません。

特にその他の祝い事とは違い、遺族との面識のない方からお香典を頂くことは十分にありますので、後からの確認がし辛い場合もあるでしょう。

記帳頂く際に受付で、「お電話番号のご記入までお願い致します」など慌てず案内ができれば一番いいのですが、そこまで徹底するのは難しとは思いますので、葬儀に参列される一人一人が丁寧に記帳することこそ、その後のご遺族の負担を少しでも減らせるようにできる心配りの一つではないでしょうか。

 

~おまけ 2 ~ 香典帳は残しておく

香典返しについて昔は頂いたお供えと同じだけ相手の不幸の際にもお返しすると書きましたが、現代でもその習慣は残っており、例えばAさんの身内の葬儀の際にBさんから1万円の香典を頂いたとして、万一今後Bさん側にも不幸事があった際には、それより少ない香典をするわけにはいかないので、同額を包むといったことですが、たくさんの方から頂いた香典の額を記憶しておくのは恐らく無理ではないでしょうか。

その際に香典額の記載がある香典帳があればあの時いくら頂いていたとすぐに調べることができるので便利です。

今後のお付き合いの参考資料としても大切に保管しておきましょう。

*1:不祝儀=不吉な出来事・めでたくないこと