読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは知っておきたい 香典返しのマナー

突然の出来事に慌てないために、お香典返しのマナーを中心に仏事に関わる疑問をギフトアドバイザーのしてんや過去の経験からまとめてみました。

香典返しを辞退された方への対応。本当に何もしなくていいの?贈ってはいけない場合もあるって本当!?

基本的には辞退されてもお返しするのがマナー

遺族を気遣って「お香典返しを辞退します」といった方や、職場など一同で香典をするにあたり一人ひとりの金額が少額になるため"お返しには及びません"と辞退される場合もありますが、基本的にはお返しは必要といえます。

故人のかわりにお礼を伝えるものでもありますので、辞退された場合でもお返しをしても失礼にはあたりませんし、しなくて良いということはありません。

香典返し不要のケース

f:id:gifcon:20170321171551j:plain

公的な職に就いている場合には、法的に香典返しを受け取れなかったり、職場で受取を禁止されていることがありますので、そういった場合にはお香典返しをするとかえってご迷惑になる場合もありますので控えるのが正解です。 

遺族を気遣って辞退された方へは

基本的にはお香典返しは通常通り用意されるのが良いですが、香典返し以外でも感謝の気持ちを伝えることはできます。

一旦はご厚意に甘えさせて頂き、お礼状をきちんと贈った後、お中元やお歳暮など別の機会で「お礼」をすることも出来ます。

 

f:id:gifcon:20170321175603p:plainf:id:gifcon:20170321175616p:plain

 

職場などの関係で辞退された方へは

先に述べたように公的な職に就いている方へのお返しは控えますが、職場から一同で頂いたお香典へは「差し入れ」などのように皆さんに行き渡る菓子折りなどお返しされるのがよいでしょう。

※他の方からの香典を参列者が預かって来たなど個人のお名前で頂いたお香典へは、葬儀に参列されていない場合でもお香典返しはそれぞれに必要です。

f:id:gifcon:20170410135134p:plain

香典返しはお相手のご厚意を汲んで

お香典返しは基本的はするというのが本来ですが、辞退された方も遺族を思ってのことですので、そこは突き返したようにならないよう、お相手との関係性や地域の風習なども考慮していきたいものです。

ご厚意に甘えさせて頂く場合も、全く何もしないのはやはり失礼にあたりますので、お礼のお手紙を書く、または電話で感謝を伝えるようにしましょう。

f:id:gifcon:20170321173035j:plain