読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは知っておきたい 香典返しのマナー

突然の出来事に慌てないために、お香典返しのマナーを中心に仏事に関わる疑問をギフトアドバイザーのしてんや過去の経験からまとめてみました。

香典返しは貰いっぱなしでいいの!? 香典返しを受け取ったらお礼はする?しない?

香典返しを受け取ったらお礼を述べてはいけない

f:id:gifcon:20170410132933j:plain

葬儀後、忌明けに合わせて香典返しが送られてくる場合がありますが、香典返しを受け取ったときには、礼状も含め、お礼を述べることは失礼に当たります。

お礼にお礼は必要なく、不祝儀の場合は「繰り返される、後を引く、長引く」など不幸を重ねると捉えることなどから、香典返しへのお礼はしなくてもよいとされています。 

貰いっぱなしでは気が引けると言う場合はお礼ではなく報告を

昔は香典返しは喪主が直参していたこともあり、その場で言葉を掛ける事ができましたが、近頃は香典返しも宅配が一般的となり、貰いっぱなしという状況が気になるという方も中にはおられるかと思います。

遺族にきちんと届いた事を伝えたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合は、喪中見舞いを兼ねた手紙やはがきを出すか、親しい間柄なら香典返しが届いた旨を連絡するのもよいでしょう。

その際には「結構な物を頂いて」や「ありがとうございました」などの表現は避け、遺族への気遣いと『香典返しが届いた事だけ』を伝えるようにしましょう。

f:id:gifcon:20170410134504j:plain

遺族の状況にも配慮を忘れずに

四十九日が過ぎた頃は疲れも出てくる頃です。相手への気遣いのつもりでした電話で長話しなどしないように、相手を気遣いつつ香典返しを受け取ったことの、あくまで報告に留めましょう。

また、他にも同じように電話をされる方もいらっしゃる場合など、電話の対応でかえって遺族の方を疲れさせてしまうということのないように、十分に配慮を心がけましょう。

何もしないのが気遣いという場合も

上記でもハガキや電話での香典返しの受取報告について書きましたが、「どうしても届いたことを知らせたい」という場合についてですので、必ず報告をしなければならない訳ではありません。

基本的には「香典返しにお礼は不要」ですので、何もしなかったからといって失礼にはあたりません。

遺族も葬儀からのバタバタで疲れが出ている頃だろうからと、あえて何もしないことも気遣いなのです。

 

形見分けの申し出を受けたら

f:id:gifcon:20170411093538j:plain

忌明け後に故人が愛用していた遺品を形見としてごく親しい近親者や友人などに贈ることを「形見分け」といいます。この形見分けは故人がお世話になったことへのお礼も意味もあり、故人との思い出を偲ぶことが供養にもつながるというのが形見分けの目的ですので、申し出があったら素直に受け取りましょう。

しかしあまりにも高価なものや、かえって故人を思い出して辛いと思う時は、相手の心遣いに配慮した上で辞退します。

また、貴金属や美術品、高級腕時計などの高価なものは贈与税の対象になってしまうこともあります。

尚、形見分けは遺族からの申し出が合った場合のみで、こちらからお願いすることはマナー違反ですので気をつけましょう。