読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは知っておきたい 香典返しのマナー

突然の出来事に慌てないために、お香典返しのマナーを中心に仏事に関わる疑問をギフトアドバイザーのしてんや過去の経験からまとめてみました。

香典返しの金額の相場について。少なすぎず返しすぎない金額の目安と一家の働き手が亡くなった場合の香典返し金額について

f:id:gifcon:20170412221850p:plain

 

香典返しの相場は半額から3分の1 

香典返しの金額の目安は、頂いた香典額の半額程度とされていますが、香典の額には開きがあるので、何段階かに分けて一律のものをお返しする方法もあります。

例えば、5千円までの香典には2千円の品、1万円までは5千円の品というようにおおよそ振り分けたほうが手間も少ないため、頂いた金額に関係なく段階を分けて品物を選ぶ事が多くなってます。

 

香典返しの基本は「上に薄く、下に厚く」

f:id:gifcon:20170412223053j:plain

 

高額の香典を頂いた場合でもご厚意に甘えさせて頂き、上限を一律にするという場合もあります。

お相手が遺族の援助のためにと多く包んで下さる場合もありますので、そこはご厚意を受け取るつもりでお香典返しを選ばれると良いでしょう。なぜ多く包んで下さったのか、その理由が分かっていながらきっちり半返しをしてしまってはお相手のご厚意を無駄にすることにもなりかねませんので3分の1程度でも良いでしょう。

お相手が親族の場合は半額ほどのお返しでもよいでしょうが、こちらも状況などを考慮して金額を決められると良いでしょう。

また、季節ごとの挨拶や子供の成長の報告、お中元やお歳暮など、お相手の気遣いに対しての感謝は香典返し以外でも伝えることができますし、香典は総合扶助的な役割もありますので、今後お相手がお困りの際にはこちらが親身になり助けになってあげれば良いのではないでしょうか。

 

一家の働き手が亡くなった場合のお香典返し

香典返しの基本は半額とありますが、一家の働き手をなくした場合の香典返しは3分の1程度でも良いとされていますし、一律に同じ物を送るという事もあります。

また、子供がまだ小さく経済的な問題がある場合などは香典返しを省略する場合もあります。この際は、香典返しをしなくても挨拶状はきちんと送るようにしましょう。

上記にもあるように、総合扶助的な役割も担う香典に関してこのようなケースの場合は必ずしも頂いた香典額の半分をお返ししなくてはならないという事はないのです。

f:id:gifcon:20170412221725p:plain